お金に余裕がない方でも低価格な注文住宅で理想のマイホームを

ソファのある部屋

1000万円台で出来る注文住宅

シックな部屋

注文住宅というとこだわりを持ちすぎると高額になるというイメージがあるかと思いますが、最近では建築ノウハウの向上に合わせてかなり安く機能的な家が造れるようになりました。例えば収納スペースが多い家を注文住宅で、しかも1000万円台くらいの予算で何とかならないかという場合、モデルケースとしてどんな家が建つのでしょうか?
作業条件等にもよりますが1500万から2000万円で大収納がある家を注文住宅で建てることが出来ます。その内部の例を紹介しますと、まずはリビング。1階と2階の間に収納階を設け、LDK部分はハーフ吹き抜けとすることが出来ます。 2階の寝室の窓からは1階を覗く事ができるというのも、お子様がいる家庭には嬉しい機能です。洗面室の中にも大きな収納スペースが作れますので、表には余計なものが出ません。 子ども部屋は三連窓で光もしっかり取り込むことが出来ますし、クローゼットも設計次第で大きさ変更が可能です。大収納スペースは1.5階の位置にあり、広々としたスペースですから大きな荷物もスッキリと入れ込むことが出来ます。お子様の成長に合わせてこちらのスペースを有効に活用できそうですね。そのほかデザイン面で細かな指示を出しても2000万円を切ることが出来る注文住宅。一度相談してみる価値はありそうですね。

25年目の建て替えに注文住宅

生家となっていた我が家は、25年目に突入し、あちこちに修復しなければならない箇所が増えてきました。外壁もかなりの古さで、部屋も昔ながらの内装でした。五人家族で、色々な思い出がつまったこの我が家でしたが、私達子供が三人とも成人し、家計も落ち着いたので、建て替えを決めました。母が55歳、父が64歳の第二の生活の出発になりました。でも、先の事を考え、バリバリ働いていた父も退職が迫っていましたし、母もまた現役で働いていたので、引っ越しは選択肢にはありませんでした。その土地はそのまま使い、注文住宅にしました。
注文住宅と聞くと、莫大な土地に広々建てるイメージだったので、我が家の20坪しかない土地に細々建てるのは、建築士さんと苦労するのではないかと心配していましたが、そこはプロの腕の見せ所といった感じで、狭小住宅ながらも4LDKを確保し、バスとトイレもユニットは希望していなかったので、別々に設置してもらいました。足腰が弱ってきた両親の事を考え、階段に何時でも乗り降りできるスロープに設置できる簡易エレベーターも完備してもらいました。灯り取りに天窓を着けてもらい、寝ながら星を眺めることもでき、両親二人で仲良く星を眺めながら、昔話に花が咲く毎日です。注文住宅にして良かったと思います。

注文住宅はアフターサービスが充実した業者を選定する

注文住宅を新築した後に、業者は住宅に瑕疵担保責任を取る事が義務づけられています。この制度は、注文住宅完成後10年以内に大きな欠陥が見つかった場合、業者がその責任を無償で修理しなければならないという制度になっています。またこの制度は、業者が何らかの理由で倒産した場合でも住宅瑕疵担保責任保険から支払われる仕組みになっています。では、大きな欠陥ではなく小さな欠陥があった場合にはどの様な保証を行うのでしょうか。この様な場合は、各業者がアフターサービスによって対応していますが、その内容は業者によって異なるので、業者の選定を行う際には十分に確認しておく事が重要です。
アフターサービスには、概ね定期点検、緊急時の対応、長期に渡る保障と点検などがあります。定期点検の場合、点検とメンテナンスを行う事によって様々なアドバイスを行ってくれます。素人には分からない欠陥などもあるので、非常に重要なサービスになっています。また、緊急時の対応も重要なサービスです。これは、水漏れや雨漏りなどすぐに対応すべきトラブルに対応してくれます。長期に渡る保障と点検などの場合、通常のアフターサービスが1~2年程度のところを長期に渡って対応してくれるので非常にありがたいサービスです。それ以外にも様々なサービスがあるので、注文住宅を建てる際にはアフターサービスがしっかりしているところを選ぶといいでしょう。

注文住宅は大変な作業なのに楽しいですよ

注文住宅の魅力は、自分たちの将来設計や好みに合わせて、どんな家にしたいか考え、建てることができることです。日当たりのいい家が良ければ、南側に窓がくるようにしたり、子供部屋を二つ作りたいなどの希望があれば、それが可能になる部屋数にしたり、土地の形によって多少制限はありますが、好みの間取りにすることができます。
我が家の場合は、西側にキッチンという間取りにしましたが、西日がきついのではないかと考え、西側に窓は作らず、南側に曇りガラス付の勝手口を作りました。そして南側に掃きだし窓があるリビングとつながるような対面キッチンにし、リビングからの光も入るようにしました。また、家事の動線を考えて、キッチンとドア一つ隔てた隣に風呂場と脱衣所をつくり、そこに洗濯機をおけるようにしました。忙しい朝などは移動距離が少なく済み、便利です。
このように、自分たちの使いやすい家なるよう工夫できるのが、注文住宅の魅力だと思います。注文住宅ではキッチンもお風呂も、自分たちの好みのデザインで使いやすそうなものを、ショールームに行って選ぶことができました。また、家の外壁、家の中の各部屋の壁紙、ドアや床の色、脱衣所やトイレの床材、照明、さまざまなものを、自分たちの好みで選ぶことができます。それぞれのショールームを見に行って確認したり、サンプル写真のパンフレットを見て選んだり、大変ではありますが、どれも楽しい作業です。

注文住宅で家族の幸せを

憧れのマイホームを建てるとなると、アレもコレも家族のこだわりを取り入れて実現させたいですよね。よくある建売分譲の家だと隣近所と同じような家で個性も出せず、後々後悔する可能性があることも否定できません。だったら注文住宅で家を建てるのが良いのでは?と考える方もいるでしょう。 南向きの日当たりの良いリビンクに、広いバルコニー。ウッドデッキでカフェ気分を味わう…など、自分達の素敵な夢を叶えられるのが注文住宅の良いところです。しかし、計画を立てて家が完成するまでに時間がかかりますし、費用の面でもかなり高くなってしまいます。注文住宅で家を建てる時にはメリットだけでなくデメリットの部分にも目を向けてから計画を立てるようにしましょう。 注文住宅で建てるとなると、全て自分達で好きな物を選んで建てるわけなので、かなり自由度の高い家になります。誰が見ても羨むような素敵な家になること間違いなしです。ホームパーティーなどを開く楽しみもありますね。 また、注文住宅は世界に一つだけの家になります。愛着がわき、家を大事にする気持ちが芽生え、自宅に帰るのも楽しみになることでしょう。是非、家族の笑顔が絶えない素敵な空間になることを願っています。


できるだけ予算をおさえて理想の住宅を建設したいと考えているならつくばで注文住宅の【アルルホームズ】で建ててみてはいかがでしょうか。つくばは日常生活に不便を感じることがないほど快適なエリアとなっています。それにもかかわらず低予算で注文住宅を建てることができるようになっているのがつくばというエリアの素晴らしさなのです。

おすすめ記事

あまり色々盛り込むと予算オーバーになる

豪華な部屋

注文住宅の良さは、自由度が高い事です。少なくとも賃貸住宅や建売などと比べれば、明らか…

»readmore

インターネットで注文住宅の知識を付ける

きれいな部屋

インターネットを使ってから注文住宅の知識を付けていけるような時代になってきています。…

»readmore

注文住宅を建てる時には家族の意見を聞く

きれいなソファ

これから注文住宅を建てていく人は、自分一人の意見で決めていかないほうが良いでしょう。…

»readmore

注文住宅のポイントとは

鏡のある部屋

注文住宅というのは、一種の夢であるといっても過言ではないです。要するに自分の好きなよ…

»readmore

TOP